看護師という仕事は本当に大変な仕事です。私は男性看護師として3年勤務してきましたが、色んな苦労を目の当たりにしてきました。

まず業務的にも大変です。何といっても人の命を預かっていますからね。医師からの指示を間違えて捉え、指示とは違う注射をしてしまった職員もいました。この時も病院内で大変な騒ぎになり、院長先生まで出てきて状況の確認をしていました。それだけ看護の仕事というのは大変な仕事なんです。

あとはどの病院でもそうだと思いますが、看護師というのは慢性的な人手不足です。そのため残業が半端なく多く、夜勤明けは朝の9時が定時でしたが、いつも決まって12時過ぎまで残って仕事をしていました。そして職員が病欠で休めば代理出勤もしていたので、私の場合、休日出勤も何度もしていました。

業務的にも大変ですが、私が最も大変だと思ったのは、人間関係の悪さです。噂で聞く限り何処の病院もそうみたいですが、職員同士の人間関係が半端なく悪いです。私の勤めていた病院では看護師同士が派閥を作り、派閥に属さない看護師を責めて虐めたりしていました。その虐めというのがとても陰湿で、出勤時に使うタイムカードをビリビリに破くのは当たり前、ナース服をハサミで切り裂いたり、その看護師の書いたカルテを破いたり、影で悪口を言っていたりと本当に悪質な虐めでした。酷いと退職に追い込まれた職員もいた程です。

私はそんな看護師業務に嫌気がさし、今は他業種についています。確かに給料は良かったですが、もう二度と看護師には戻りたくないと強く思っています。

参考記事:神奈川看護師求人