私は、三ヶ月に渡る入院生活の経験があります。産婦人科に入院していたのですが、同室には、年老いたガン患者の方が入れ替わり立ち替わりしていました。

その介助の様子を見ていると、看護師 求人 大阪市の仕事とは本当に大変そうだと思いました。手も動かせないような人には、食事を食べさせたり、トイレやお風呂の世話、話し相手までこなしていました。

長い入院生活の中で、仲良くなった看護師さんがいました。その方は、妊娠五ヶ月だそうで、びっくりしました。しかも、二人目だと言っていました。それにもかかわらず、夜勤もこなしつつ、日勤の時は朝7時には病院にいました。

私は、不思議でたまらずお子さんをどうしているのか聞きました。すると、夜勤の時は旦那さんが世話をしているらしいのです。そして、朝は早起きして保育園に送り出してから病院に来ているそうです。

子育てしながら、お年寄りの介助、力仕事をこなし、そのうえ妊婦なので、倒れるのではないかと心配してしまいました。でも、本人に聞くと、一人目の時も大丈夫だったし、働くことが好きだから働いている方が悪阻の時も気が紛れて良かったというのです。
看護師 求人 大阪市は、精神的にも肉体的にもタフでないと勤まらないと感じました。